公共情報センター推薦図書

心洗われる話(ちくま文学の森)

 ちくま文学の森シリーズの第2巻。(ちくま文学の森についてはこちら

 2巻目のタイトルは「心洗われる話」。
 世の中には、「心乱される話」や「心汚(けが)れる話」はたくさん転がっているが、「心洗われる話」にはなかなか出会うことができない。
 「ふっ、そんな話いまどきあるのかい」と混ぜっかえしたくなる昨今の世情だが、文学の世界は奥が深い。
 古今東西から取り寄せれば「心洗われる話」はたくさんあるのだ。それをまとめてくれたというのだから、これはもう見逃せない。

内容紹介

【少年の日 佐藤春夫】
 ノーコメント

【蜜柑 芥川龍之介】
 芥川龍之介のうまさが際立つ一編。
 読み終わったとき主人公とともに、〈不可解な、下等な、退屈な人生を僅かに忘れる事が……〉できる。
 そんな話である。

【碁石を呑だ八っちゃん 有島武郎】
 ノーコメント

【ファーブルとデュルイ ルグロ】
 昆虫記で有名なファーブルの話。自らの研究にすべてを注ぎ込んだファーブルの人となりがよくわかる話。

【最後の一葉 O・ヘンリー】
 この話の大まかなストーリーを知らないという人は少ないだろう。しかし、知っていたとしても、改めて最初からじっくり読んで味わって欲しい一編。何度読み返しても「ジ〜ンとくる」そんな作品である。

【芝浜 古典落語】
 有名な古典落語。落語好きでなくても話の筋くらいご存知の方は多いだろう。話の展開自体が面白く全編楽しめるのだが、最後の亭主の一言が止めという一席。

【貧の意地——「新釈諸国噺」より 太宰治】
 ノーコメント

【聖水授与者 モーパッサン】
 「心洗われる」というより「暖まる」作品。森鴎外の「山椒大夫」を想起させるストーリーであるが、博学な鴎外はもしかするとこの作品を読んでいたのかもしれない。

【聖母の曲芸師 アナトール・フランス】
 ノーコメント

【盲目のジェロニモとその兄】
 ノーコメント

【獅子の皮 サマセット・モーム】
 ノーコメント

【闇の絵巻 梶井基次郎】
 ノーコメント

【三つ星の頃 野尻抱影】
 なんとも切ない気持ちにさせられる話。

【島守 中勘助】
 ノーコメント

【母を恋うる記 谷崎潤一郎】
 ノーコメント

【二十六夜 宮澤賢治】
 宮澤賢治らしい不思議な味わいのある作品。

【洟をたらした神 吉野せい】
 日本がいまよりはるかに不便で貧しかった頃も「そう捨てたものではないな」と思わせる話。結末まで読むとタイトルの意味が理解できる好短編。

【たけくらべ 樋口一葉】
 樋口一葉独特の魅力を持つ恋物語。現代人にとっては読みづらい文体であるが、少し読み進むうちにいつの間にか一葉の世界に引き込まれていく。

【瞼の母——二幕六場 長谷川伸】
 なかには寂しい話と思う人もいるかもしれないが、これはこれでハッピーエンドなのだろう。

【土佐源氏 宮本常一】
 ノーコメント

 多少退屈と感じたり、たいして心洗われない作品もあるが、それはまた人それぞれだと思う。私が選択ミスと感じたのは2編ほどに過ぎず、ノーコメントとした作品の中にも、楽しめたものはいくつもあった。

 お勧め度:★★★★★☆☆☆☆☆

(2011.10.5)

物語屋でいま人気の名画(複製画)

ピカソ作ゲルニカ
パブロ・ピカソ《ゲルニカ》
ソフィア王妃芸術センター所蔵
ピカソの最高傑作《ゲルニカ》の複製画です。1937年に描かれた《ゲルニカ》は縦3.5m、横7.8mの巨大な作品です。その巨大な作品をオフィスや自宅に飾るというのも複製画ならではの楽しみ方です。
クロード・モネ作睡蓮・緑のハーモニー
クロード・モネ《睡蓮・緑のハーモニー》
オルセー美術館所蔵
クロード・モネが晩年好んで描いた睡蓮の連作のひとつです。本作品はオルセー美術館所蔵のものですが、ほぼ同じモチーフの作品が日本のポーラ美術館にも所蔵されています。

物語屋トップページはこちらです。

複製画の商品ページはこちらです。