プリハード世界の名画について

 物語屋で販売中の「世界の名画シリーズ」は、すべて複製画メーカーの老舗、プリハード社の製品「デジタグラフ」です。

 プリハード社製のデジタグラフは、かの有名なルーブル美術館のミュージアム・ショップでフランス国外のメーカーによって製作された複製画としては初めて採用されたキャンバス地複製画です。

「プリハード世界の名画」の品質は、
あのルーブル美術館が認めてくれました。

「プリハード」というのは、
複製画を製作している会社の名前です。

 現在、日本国内ではポーラ美術館、横浜美術館、山梨県立美術館、福岡市美術館など数多くの美術館のミュージアムショップなどでも取り扱われています。

 また、美術の教材などとして、数多くの教育機関にも納入している複製画のトップブランドです。


 しかし、いったいなぜ「プリハード世界の名画」は、数多くの複製画が品質を競い合う中で、長年の間、高い評価を受け続けることができたのか? その秘密を簡単にご紹介します。

 「プリハード世界の名画」の最大の特徴は、特殊技術を用いて、画家が油絵を描く際に使用するキャンバスへ、直接プリントすることを可能にした点です。そのため、従来の紙へのプリントでは表現することができなかった、キャンバス地の質感や、絵具による微妙な陰影までリアルに再現することに成功しました。

 また、「プリハード世界の名画」は、特許技術によって製作されているため、類似商品を日本国内でお求めになることはできません。

  • 特許番号:1949817号
  • 特許名称:布製キャンバスに印刷を施す方法
  • 登録商標:プリハード プリハード・デジタグラフ
実は「プリハード世界の名画」は、
40年近く販売し続けてきた、ロングセラー商品です。


 特殊技術によるキャンバス地へのプリントは、複製画としての品質を確かなものにするだけでなく、驚異的な耐久性も副産物としてもたらしました。誰でも経験のある通り、紙の印刷物は早いもので数年、長くても十数年もたてば、黄ばんだり色があせたりといった経年変化が現れます。ところが「プリハード世界の名画」は、キャンバスへ特殊技術を用いてプリントするため、紙よりはるかに劣化が遅いことが確認できています。

製作してから30年ほどたつ作品も、
いまのところまったく問題ありません。
もちろん、直射日光や極端な湿気をできるだけ避けるなど、
ある程度の注意は必要です。

 「プリハード世界の名画」は、ルーブル美術館、オルセー美術館、プラド美術館、メトロポリタン美術館など、45館以上にもおよぶ世界の一流美術館から複製許可を得ています。そのため、他の追随を許さない豊富な作品群をご提供することが可能です。

リストにない作品も複製可能な場合がございます。
お探しの作品については、気軽にお問い合わせください。

 「プリハード世界の名画」は、優れた絵画を「美術館のコンクリートの壁の中から、一部の個人の手から、広く大衆の中へ取り戻したい」という考えに基づいて複製画販売を行っています。そのため価格設定は、複製画の中でも低価格と言ってもいいレベルに設定しています。

できれば季節や場面、気分によって
手軽に模様替えできる便利なインテリアとして、
お気に入りの絵を複数枚、
お手元にご用意しておくことをお勧めします。

 上記のように優れた特徴を持つインテリア絵画の名品「プリハード世界の名画」は、リビングや寝室、オフィスやショップ内の装飾品としてはもとより、新築、開店、入学、卒業などのお祝いの品物としてもご好評を得ているシリーズです。

 モネ、ルノワール、ゴッホなどの名作を、ご利用いただければ幸いです。